Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

トップページ | ライセンスについて »

2001-01-01

自己紹介

Seaoak の自己紹介をさせていただきます。

まず、職業ですが、いわゆるサーバを開発しているエンジニアです。
LSI の論理設計&論理検証が専門で、Verilog-HDL で RTL を書いたり、
SystemVerilog でテストベンチを作ったり、テスト用のプログラムを
C言語でゴリゴリ書いたりしてます。テスト大好き。

一方で、プログラミングは昔から趣味でやっています。
もちろん仕事にも役立ってますが、あくまでスタンスは趣味。
言語マニアっぽいところもあって、新しい言語を覚えるのが大好き。
学生時代に LSI 設計のための言語(高級な HDL?)を作って
意味論とかやったりしていたせいもあるかもしれません。
得意な言語は C, Perl, JavaScript, ShellScript あたり。
ちょっとコードを書ける程度なら、C++ と CommonLisp もいける。
本を読んで勉強しただけなら Java や OCaml、Ruby も。
大規模なプログラミングの経験はありませんが、
ちょっとしたツールを作って公開したりしてます。

プログラミングとは別の趣味として、Web デザインを勉強してます。
これはもう、完全に趣味です。仕事にはまったく関係ありません。
2004年くらいに "Web Standard" という考え方を知って、
HTML+CSS のデザインにすっかりハマってしまいました。
HTML と CSS を覚えて、全部エディタで手書きしてます。
学校に通っていた頃は美術の時間は大嫌いだったのですが、
今はデザインの入門書とか雑誌とか読んで楽しんでます。
このブログのデザインもゼロから自分で考えて作りました。

コンピュータ関係以外の趣味といえば、読書です。
小学校の頃から本は大好きで、かなりの活字中毒です。
コンピュータ関係の専門書はもちろん読みますし、
一般向けの理系の本(数学や物理など)も好きです。
小説はけっこうなんでも読みます。あえて言えばミステリーが好き。
時代小説と経済小説、翻訳モノは守備範囲外かも。ラノベは大好き。
本を選ぶときは、人気や書評はほとんど気にしないです。
基本的には作者で選んでいることが多い気がしますが、
本屋さんで知らない作者の本に偶然出会うのも好きです。

 好きな作家:
  樋口有介  (『ぼくと、ぼくらの夏』、『夏の口紅』)
  大崎善生  (『パイロットフィッシュ』、『アジアンタムブルー』)
  市川拓司  (『Separation』、『恋愛寫眞 もうひとつの物語』)
  本多孝好  (『Missing』、『five minutes to tomorrow』)
  坂木司   (『青空の卵』、『切れない糸』)
  加納朋子  (『ななつのこ』、『掌の中の小鳥』)
  北村薫   (『空飛ぶ馬』、『六の宮の姫君』)
  若竹七海  (『ぼくのミステリアスな日常』、『スクランブル』)
  北森鴻   (『花の下にて春死なむ』、『凶笑面』)
  西澤保彦  (『彼女の死んだ夜』、『依存』)
  有川浩   (『塩の街』、『図書館戦争』)
  森博嗣   (『すべてがFになる』、『臨機応答・変問自在』)
  栗本薫   (『ぼくらの時代』、『優しい密室』)
  綾辻行人  (『十角館の殺人』、『時計館の殺人』)
  田中芳樹  (『銀河英雄伝説』、『アップフェルラント物語』)
   :
   :


このブログは、「読書録」として読んだ本を記録するつもりで始めたものですが、
いつのまにか、プログラミング関連のメモとか、自作プログラムの公開とか、
なんでもありの雑記帳みたいになってしまいました。更新頻度もかなり波があります。

最後に、これは書くまでもないことですが、念のため。
このサイトへのリンクはご自由にしていただいて結構です。
ご連絡いただけるとこちらからも遊びに行けるのでうれしいです。
トラックバックとコメントももちろん大歓迎です。ぜひお願いします。
ただし、明らかにスパムだと Seaoak が判断した場合は勝手に削除する
場合があります。あしからず。

どうぞ今後ともご贔屓に!!



2010/May/14  Seaoak


トップページ | ライセンスについて »