Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« エド・レジス『アインシュタインの部屋』 | トップページ | 杉本大一郎『手作りスーパーコンピュータへの挑戦』 »

2005-01-18

パターソン&ヘネシー『コンピュータの構成と設計』

パターソン著: コンピュータの構成と設計 上 第2版『この一冊!』リスト(右サイドバー)に思い出の本を登録しました.

Seaoak がコンピュータ・アーキテクチャの基礎を学んだ一冊.

大学の研究室で最初に読まされた本です.この業界では有名な教科書ですね.一言で言えばコンピュータの原理がわかります.具体的にはコンピュータの心臓部である "CPU" の構造や,実際に何をやっているかがわかります.たとえば,『アーキテクチャ』とか『CPU』とか『コンパイラ』とか『アセンブラ』とかに興味がある人は必読です.C言語を本格的に身につけたい人にもオススメです(遠回りかと思われるかもしれませんが,遊びじゃなくてプロになるなら最短コースだと思います).

この本,実は,アメリカの大学の教科書だったりもします.著者は超有名.

⇒ パターソン著: コンピュータの構成と設計 上 第2版

« エド・レジス『アインシュタインの部屋』 | トップページ | 杉本大一郎『手作りスーパーコンピュータへの挑戦』 »