Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« *OBSOLETED* | トップページ | *OBSOLETED* »

2005-01-12

有川浩『塩の街』

有川 浩〔著〕: 塩の街(電撃文庫 0894)本の山を整理していて発掘された本を再読.

人が塩の柱になる奇病『塩害』におびやかされる世界で,少女と青年がめぐり会い,その恋が世界を救う,というお話.
近未来SFになるのでしょうか.
作者の初作品みたいですが,文体も世界観も水準以上.
シリーズ化できるネタだと思います(一冊完結はもったいない気も…).
あと,『あとがき』もかなりいいかんじです.

この本はお気に入りなので,また山に戻しておきました.

⇒ 有川 浩〔著〕: 塩の街(電撃文庫 0894)

« *OBSOLETED* | トップページ | *OBSOLETED* »