Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« 北村薫『六の宮の姫君』 | トップページ | エド・レジス『アインシュタインの部屋』 »

2005-01-18

綾辻行人『時計館の殺人』

綾辻 行人著: 時計館の殺人(講談社ノベルス)『この一冊!』リスト(右サイドバー)に思い出の本を登録しました.

Seaoak がミステリーの面白さに本気で目覚めた一冊.

『館シリーズ』を六角館から順に読んでいったのですが,この時計館でミステリーの面白さのトリコになりました.まぁ,演出の派手さに魅了されたってとこもありますが.

で,これ以降,Seaoak はいわゆる『新本格』を中心にミステリーを読みふけるようになるわけです.ただ,いわゆる『古典』や『海外もの』には手を出しませんでしたね.正確には,『Xの悲劇』は読んだような記憶がおぼろげながらありますが,海外もの特有の概念(その国での常識みたいなもの)や,翻訳特有の妙な言い回しがダメでした.結局,いまでも相変わらず….

ちなみに,文庫にもなってます.やっぱり講談社だったハズ.

⇒ 綾辻 行人著: 時計館の殺人(講談社ノベルス)

« 北村薫『六の宮の姫君』 | トップページ | エド・レジス『アインシュタインの部屋』 »