Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005-02-28

Java 5.0 "Tigar" で待望の機能が…

Brett McLaughlin著: Java 5.0 Tiger(開発者ノートシリーズ)今日読了した『Java 5.0 Tigar』は,最近公開された新バージョンの
Java の解説書です.ひさびさにちゃんと勉強をした,って感じです.

Seaoak が Java の勉強を始めてからもう 4 年くらい経ちますが,
主に書籍を読んでるだけで,まともなコードは書いていませんでした.
その主な理由は『キャストを前提にしたコードなんて許せない!』.

Java には HashedMap などの立派な標準コレクションがありますが,
従来の Java で標準コレクションクラスではキャストが必須でした.
標準コレクションに入れられるのは Object 型だけで.あとは継承の
仕組みを使い,『すべてのクラスのスーパークラスである Object 型を
格納できるなら,あとは適宜ダウンキャストすればいいよね?』って話.

この仕組みで何が悪いかというと,
 1) 例外的にのみ使用すべきキャスト(しかもダウンキャスト)がコードのあちこちに
   散在してしまい,本当の意味での(注意が必要な)キャストが埋もれてしまう.
 2) 実行してみないとそのダウンキャストでエラーになる(例外がスローされる)か
   どうかわからない.もちろんテストはするが,すべての経路を試験するなんて無理…
ってところです.特に前者は Seaoak 的に許しがたいところです.
まぁ,『弁語士』ってわけじゃないのでいいんですけど,少なくとも仕事では
使いたくないかなって感じでした.余計な苦労をするはめになりそうなので.

で,Java 5.0 "Tigar" です.ついに待望の Generic 機能がサポートされました.
もう,コンテナクラスでのキャストは不要です(少なくとも Seaoak 的に
まともなコードなら不要なはず).しかも,コンパイル時に処理されるので
実行時のオーバヘッドも最小限とかいう話もあります(その代わり,あまり
凝ったことをやろうとすると妙な挙動をする場合もあるみたいですが).
これで,ようやく実用的なオブジェクト指向言語になったって感じです.

実は,先日から Java アプリケーション開発を画策してたりします.
それで『乱読録』にいろいろ Java 関係の書籍がでてるわけですが.
まぁ,本当に作るかどうかは本業の忙しさしだいだったりします.
運が良ければ Seaoak 初の Java 開発になるかも???

2005-02-27

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.


2005-02-20

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.


2005-02-19

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.

2005-02-16

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.


2005-02-15

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.


2005-02-12

スタイルシートを勝手に適用

このブログのスタイルシートを勝手にいじってみました.

スタイルシート (CSS) はホームページとかで以前から使っていたのですが,
ココログだと『プロコース』にしないと触れないので,正直あきらめてました.
ところが,たまたま詞織さんという方のブログの『自作スタイルシートの適用
という記事を見つけてしまいました.もう試すしかありません!!

以前からサイドバーで変なフォントが指定されているのがイヤだったので
(文字サイズを小さくすると半角文字がつぶれてしまう),全フォント指定を
上書きし,フォントサイズ指定も無効にしました(100% 指定に上書き).
好みのスタイルに一歩近づいたって感じです.ちょっと幸せ.

さて,具体的な手順は詞織さんの記事を見てもらうとして,一見すると
『えっ? これでまともに認識されるの?』と驚いてしまうようなやり方です.
正直,かな~り HTML/CSS の規約から外れた使い方です(実際のところ,
詞織さんのブログでも相当モメたようですね).Seaoak は以前から
ウェブ・スタンダード推進派(Jeffrey Zeldman著
『Designing with web standards』
を推薦してたり)なので,
ちょっと抵抗感もあります.でも,ちょっとした規約違反に目をつぶれば,
このブログをより好みのスタイルにできちゃうのです!!
# JavaScript は個人的に嫌いなので却下です.

ちなみに,ちょっとだけ Seaoak の考えを書いておくと,Seaoak にとっては,
スタンダード準拠よりも,少数派ブラウザの人に対応することよりも,
このブログを自分好みのスタイルにすることが大事です.
もちろん,ひとりでも多くの人に見てもらえれば嬉しいです.
でも,自分で満足できないものを 100 人に見てもらうより,
満足できるものを 90 人に見てもらえるほうが嬉しいと思うのです.

確かにスタンダードは大切です(ネットが成り立たなくなっちゃいます).
W3C の Validator も好きです(プログラミング愛好者の血が騒ぎます).
Seaoak も以前,自分のホームページで『Validator 準拠でどこまで
好みのスタイルを実現できるか』を試していたこともあるくらいです.
でも,結局のところ,スタンダードに拘って不満の残るページにするより,
多少違反していても楽しく作れるページのしたほうがいいと思ってます.

この手の話題は『宗教戦争』になりがちなので,とりあえず,こんなとこで.

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »