Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« *OBSOLETED* | トップページ | リスニング・ソリューション(第1回) »

2005-04-25

iTune を導入してみました

いわずと知れた Apple 謹製 iTune ですが,Seaoak は今までまったく
関心がありませんでした.オンラインストアは時期尚早だと思ってます.
なのになぜ導入したかというか,iPod に興味が出てきたからです.
iShuffle を見にヨドバシに行ったら欲しくなってしまいました (^^;

Seaoak は外出時に SD カード対応 MP3 プレーヤーを使ってます.
IO-DATA 製の MDM-H205SW というヤツです(俗称『ザブトン』?).
ただ,いかんせん 128MB の SD カードを2枚しか持ってないので,
入れ替えが面倒だったり,低ビットレートで我慢したり….
あと,Seaoak のクルマには MP3 を再生できるモノはないので,
いつも CD-R に焼いて聴いてます(オリジナル CD を車内に
放置すると変形しそうで不可…).正直,焼くのも面倒だし,
運転中の入れ替えも手間なので,なんとかしたいところ.

HDD プレーヤーなら,曲はたくさん入るし,持ち運びも楽だし,
FM を使えばカーステでも聴けるし,いい解決法っぽいです.
で,ヨドバシに行って見てみたんですが,4種類くらいありました.
Sony はコンテンツ管理方針がキライなので論外(MP3 に対応した
みたいですけど,ユーザ無視の基本方針が変わったとは思えない).
もうひとつは 5GB 程度の容量しかないので却下.残ったのは
iPod ともう一つだけ.30GB で安いのは iPod です.あと薄さも.
正直,Apple のコンテンツ管理方針も好きじゃないんですが,
iShuffle を買うかもしれないので,それなら合わせたほうが楽.

というわけで,とりあえず iTune が使い物になるかどうか
試してみることにしました.

ダウンロードしてインストールしたらあっさり動きました(当然?).
とりあえず手持ちの CD をインポートしてみると,データベース検索で
曲データを自動設定してくれて,ボタンひとつでエンコードできました.
とりあえず,AAC(高音質)と WAV と Apple Lossless と MP3(高音質)
を試してみましたが,どれも簡単でした(エンコード方式の切り替えを
『設定』メニューからやらないといけないのはちょっと面倒でしたけど).

Apple Lossless はファイルサイズが 2/3 程度になるのがいいですね.
しかも,WAV⇒Lossless⇒WAV と再変換してみたら,元の WAV ファイルが
完全に再現されました(バイト単位で一致).ちょっと意外でしたが,
ユーザとしてはかなり安心して使えそうです.Seaoak 的に高得点!!
実は,以前,Windows Media Player に同様の機能があることを知って
手持ちの WAV ファイルを一括変換したのですが,なぜか複数のファイルが
おかしくなってしまった(音がずれるようになってしまった)ので,
全部 CD から再エンコードするはめになってしまったのです(最悪…).

MP3 については妙に変換が速いです.Seaoak は以前から LAME ユーザ
なのですが,全然速度が違います.ネットを見ると iTune の MP3
エンコーダは音質が悪いみたいですけど.あと,ネット情報ですが,
MP3 を iPod に移すとき,iTune が AAC に自動変換するらしいです.
もし本当なら最悪です(音質が悪化してしまいます…).
まぁ,次に書くように AAC を使うつもりになったので,
音質についてはまじめに評価してません….

で,AAC です.Apple (というか iPod/iShuffle)のネイティブな
エンコード方式です.低ビットレートなら MP3 よりも高音質らしい(?).
iTune で『高音質』となってる 128Kbps エンコードだと 1/10 の
ファイルサイズになります.エンコード速度も MP3 並みでしょうか.
音質ですが,WAV と本気で小一時間ほど聴き比べてみました.
iTune で『高音質』となってる 128Kbps ですが,Seaoak の持ってる
一番まともなヘッドホンだと WAV との違いがわかりました.
なんというか,音の解像度というか,広がり感というか,艶というか,
かなり微妙なところですけど.聴いていて違いがわかりやすかったのは,
管楽器の高音の響きとか,女性の歌声の残響とか,そんなところです.
「今,どっちを再生してるんだっけ???」とわからなくなるくらい
繰り返して聴いた結果なので,Seaoak 的には一応信じてます.
ただ,外出用のインターホンや,6000 円くらいのオープンエアの
ヘッドホンでは違いがわかりませんでした.モバイルには十分ですね.
ちなみに,AAC の 192Kbps エンコード(iTune では『カスタム』で可能)
ならば,違いはまったくわかりませんでした.

 ※オーディオに関しては素人なので,あくまで個人的な感想です (^^;

結局,iTune は使い続けることにしました.といっても,昔から愛好している
KbMediaPlayer との併用ですけどね.iPod/iShuffle を買ったら今の
MP3 プレーヤーはたぶん使わないので,ちょっとずつ AAC にするつもりです.

« *OBSOLETED* | トップページ | リスニング・ソリューション(第1回) »