Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005-10-06

*OBSOLETED*

Sorry, this page is already deleted.


2005-10-05

xyzzy を使う(Mule 風に)

xyzzy カスタマイズ記事の第1弾は,「Mule 風にカスタマイズしよう」です.

前回の記事で書いたとおり,xyzzy は「Emacs ライク」と言われながらも
Emacs と微妙に違っているところがいろいろあります.
Emacs (Mule) と両方使っていると混乱することがあるので,
Seaoak は xyzzy を Mule 風にカスタマイズして使ってます.

というわけで,xyzzy カスタマイズ第1弾として,
Seaoak の xyzzy/site-lisp/.siteinit.l の関連コードを紹介します.

Undo 関連

Undo の挙動が微妙に違っているのが気持ち悪いので変更してます.

;; ナイスアンドゥ(undo 後のカーソル位置の挙動を Emacs 風(?)にする)
(setq *move-forward-after-undo-deletion* t)

;; Undo を C-/ (Emacs風) と C-z (Windows風) の両方にする
(global-set-key #\C-/ 'undo)
(global-set-key #\C-z 'undo)

サーチ(検索)関連

M-C-% は Seaoak 独自だったかもしれません.

;; C-s でインクリメンタルサーチ
(load-library "isearch")

;; Mule 風に M-% で query-replace を
(global-set-key '#\M-% 'query-replace)

;; M-C-% で query-replace-regexp を
(global-set-key '#\M-\C-% 'query-replace-regexp)

ファイル関連操作

デフォルトだと編集対象が元ファイルのままなのです.

;; C-x C-w で新たに指定したファイルを編集したい
(global-set-key '(#\C-x #\C-w) 'emacs-write-file)

ウインドウ分割操作

C-x 2 や C-x 0 はデフォルトで Mule と同じみたいです.

;; C-x 3 でウインドウを左右に分割
(define-key ctl-x-map #\3 'split-window-vertically)

日本語入力関連

canna 遣いの人は C-o でしょうか?

;; Wnn風に C-\ で IME の ON/OFF を切り替える
(global-set-key #\C-\\ 'toggle-ime)

カーソル操作

M-n/M-p で表示行の移動にするのは Seaoak 独自かもしれません.

;; カーソルの上下移動を物理行単位にする
(global-set-key '#\C-n 'next-line)
(global-set-key '#\C-p 'previous-line)

;; 代わりに M-n/M-p を表示行の上下移動にする
(global-set-key '#\M-n 'next-virtual-line)
(global-set-key '#\M-p 'previous-virtual-line)

とりあえず,こんなところでしょうか.

ちなみに,上のほとんどのコードは,いろいろな人の Web ページを
参考にしています.皆さんに感謝!!

xyzzy を使う(まえがき)

山本 泰三 〔共著〕: 入門 xyzzySeaoak はテキストエディタ xyzzy を愛用してます.
で,最近,解説本(「入門 xyzzy」)を読んで設定を
いろいろ変えてみたので,メモとか書いてみようかと.

とりあえずは「まえがき」(?)です.


UNIX の世界でエディタと言えば Emacs が有名(vi と双璧)です.
Seaoak も UNIX 環境では Emacs (正確には日本語化された Mule)を
長年愛用してます.まぁ,ちょっとカスタマイズしたりもしてます.
で,Windows でメモ帳とか使ってるとストレスが溜まるわけです.

そんな Seaoak が出会ったのが xyzzy というエディタです.
xyzzy は Emacs ライクな Windows アプリで,いろいろ違いはありますが,
基本的には Emacs と同じようにで使えます.動作も軽く,安定してて,
Emacs みたいに Common Lisp 風の言語でカスタマイズ可能です.
Seaoak は一発で気に入りました.

現在では,Web/Blog (HTML+CSS) は全部 xyzzy で手打ちですし,
Windows でプログラムを書くとき(主に遊びで)も xyzzy です.
送信メールも xyzzy で書いてます(Becky! で外部エディタ登録).

正直,UNIX で Emacs (Mule) を使っている人以外には間違っても
オススメしませんが,逆に Emacs 遣いの人にはオススメです.
Windows 上での Emacs 風エディタというと Meadow や XEmacs あたりが
思いつきますが,やはり Windows ネイティブ(?)なのが良いです.
動作速度や安定性,Windows との親和性(コピペや日本語)などですね.
あと,作者が日本人なので,日本語の情報が多いのも助かります.
逆に言うと,Emacs との微妙な差に違和感を感じる人もいそうです.
キーバインドの微妙な差とか,Emacs Lisp じゃないこととか
(xyzzy は Common Lisp 風の独自言語なので移植作業が必要).
まぁ,このへんは「慣れの問題」かもしれませんけど.

いずれにしても,Windows 上での Emacs 風エディタを探している人は
ぜひ一度はお試しください.できれば設定ファイルで簡単な設定を
してみるのがオススメです.Emacs との違いや,逆に Emacs 風に
するためのコストがわかると思います.

「まえがき」の最後として,参考情報を載せておきます.

  ・作者様のページ(xyzzy 本体の入手もここ)

  ・書籍「入門 xyzzy」

  ・xyzzy WiKi (チュートリアルやリファレンスなど)

  ・Vector での紹介記事(PICKUP)

ぜひ一度お試しを!!

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »