Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« デフラグ | トップページ | JavaScript の本 »

2006-12-22

ハードディスク増設

4年以上使ってきた外付 USB ハードディスク (160GB) から異音が発生。
いつ壊れてもおかしくなさそうなので、怖くて電源が入れられません。

データ用の外付ハードディスクはもう一台(250GB/eSATA) あるのですが、
音楽 CD を ISO イメージのままハードディスクに保存してたり、
DVD の ISO イメージが溜まってきたりしてて、そろそろ満杯。

というわけで、一式そろえてみました(冬のボーナスも出たし)

 ・SATA 増設用 PCI カード(ロープロなのでグラボ冷却が安心)
   ⇒ 玄人志向 SATA2EI3-LPPCI

 ・SATA 接続の外付 HDD ドライブケース(ファン付きで安心)
   ⇒ オウルテック OWL-35HD/S-IDE(B)

 ・320GB/7200rpm の SATA II ドライブ(垂直磁気記録らしい)
   ⇒ Seagate Barracuda 7200.10 SATA -- ST3320620AS

もちろん全部 SATA II (3Gbps/NCQ) 対応にしました。
ドライブケースが eSATA じゃなくて単なる SATA だったのが
想定外だったのですが(店で確認しわすれた)、
コネクタに妙な力がかからなければ壊れないでしょう…

あっさり装着してフォーマットも無事完了。
さっそく外付 USB ハードディスクを起動して(無事に動いた)、
全データをコピーしてみました。1時間ほどかかりましたが、
まぁ、コピー元が USB2 なので仕方ない(だからキライ)。


今回うまくいったので、近いうちに外付ハードディスクを
もう一台導入して、システムディスクにする予定です。
本体内蔵ディスクを撤去できる(ディスクレス?)ので
ちょっと楽しみです~

« デフラグ | トップページ | JavaScript の本 »