Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« *OBSOLETED* | トップページ | Lisp を使い続ける理由 »

2008-08-17

普通のやつらの上を行け

だいぶ前にどこかで「普通のやつらの上を行け」というネタを
目にしたことがあって、それに触発された「普通のやつらの下を行け」
という記事も読んだ覚えがあります(おもしろかった記憶がありますw

で、先日本屋さんをうろうろしてて目に付いたのがこの本↓

Paul Graham〔著〕
ハッカーと画家 ~コンピュータ時代の創造者たち~
ウワサに聞くほど「Lisp 万歳」じゃありませんでしたが (というかプログラミング以外の話が大部分)、切れ味はするどい。 件の「プログラミング言語は、その力において差がある」という話はほぼ同意。 ただし、Lisp 最強説は保留・・・(まだ Lisp をよく知らないのでw んで、さっそく触発されて Lisp のお勉強をはじめました。 大きな本屋で Lisp 関連の本を何冊かチェックして、 いちばんまともそうだったのを選んだら、上と同じ著者でしたwww
Paul Graham〔著〕
ANSI Common Lisp
とりあえず、よーやくマクロが出てくる章まで読み進めたところです。

« *OBSOLETED* | トップページ | Lisp を使い続ける理由 »