Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« ウェブデザインのお勉強 | トップページ | OCaml for F# »

2008-12-11

Firefox 3 の導入

Seaoak は Sleipnir 愛好家なのですが、
ブログのテンプレートを作成するときの確認用に
Firefox 3 を導入してみました。

とりあえず、できるだけ Sleipnir に近づけたかったので、
いくつかアドオン(プラグイン)を導入してみました。

まずは、タブの使い勝手を向上させるための『 Tab Mix Plus 』。
タブをダブルクリックしたときの動作とか、
新しいタブを開くときの挙動とか、
Sleipnir でもちょっと変えたりしているので、
カスタマイズは必須ですw

もうひとつタブ関連で、『ツリー型タブ』。
Seaoak はタブをたくさん開きっぱなしにするクセがあるので、
ウインドウ上辺にタブを表示するようにしていると、
あっというまにタブを表示しきれなくなってしまいます。
ウインドウ右辺にタブを置いて縦に切り替えるようにすると、
タブ1個の高さは文字1行分なので、たくさん表示できるようになります。
ついでにマウスのホイールでタブを切り替えるのもごく自然です。
というわけで、タブを右サイドに置くのが好みなのですが、
それを実現する方法がなかなかみつからず、
いろいろ探して結果、このアドオンにたどり着きました。
実際には「ツリー」の機能は使っていなくて、
タブを縦に表示する機能だけを利用していますw

3個目のアドオンは、『 Tab Permissions 』。
JavaScript を有効にするかどうかをタブごとに簡単に指定できます。
デフォルトは OFF にしておいて、必要なページ(かつ安全だと
思われるページ)のときだけ簡単に ON にすることができます。
Sleipnir にプリインストールされているプラグインの
『Switch Security Panel』と同様の機能です。
Seaoak はデフォルトで JavaScript を OFF にしているので、
簡単に ON にする機能が必須なのでした。

とりあえず、この3個のアドオンで、
かなり Sleipnir 風になりました♪

でも、タブをたくさん開いたときの挙動が
ちょっとあやしかったりするので、
Sleipnir からの乗り換えはしないつもり・・・

« ウェブデザインのお勉強 | トップページ | OCaml for F# »