Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« Firefox 3 の導入 | トップページ | F# だけじゃない! »

2009-01-04

OCaml for F#

年末に JScript.NET についてちょっと調べ物をしていたところ、
F# なる言語が存在することを知りました。
なんと、関数型プログラミングで .NET を扱えるらしいです!!

  ⇒ Wikipedia による F# の解説

で、気になるポイントをいくつか:
 ・ML の流れをくむ OCaml という言語がベース。
 ・.NET 言語として C# などと同じレベルの親和性がある。
 ・静的に型付けされた言語(強力な型推論あり!)。
 ・ネイティブコンパイルしたものはかなり高速。
 ・いまは研究レベルの実装だが、将来的には製品化の見込み。
 ・CPU のマルチコア化に対するアプローチのひとつ(?)

  ⇒ とりあえずググってみる?

Seaoak は、ML という言語も型推論もまったく触れたことが
ないので、なかなか興味深い言語に思えます。
なにより、.NET 言語として Windows アプリの開発に
利用できるという点がすばらしいです!
単なるお勉強に終わらず、ツール作りに役立つかもなのです。
また、2008年の後半はちょっとだけ Lisp のお勉強をしたりして、
Seaoak 的に関数型プログラミングはタイムリーです♪

ベースになっている OCaml という言語は入門書があるのを
知っていたので、さっそくお勉強してみることにしました。
本屋に行ったらとりあえず日本語の解説書を2冊発見。
見比べてみた結果、「入門 OCaml」(OCaml-Nagoya 著)を購入。
理由は索引にクロージャがあったからw
# 個人的に関数型言語といったら高階関数と Closure は外せません・・・

OCaml-Nagoya 〔著〕:入門 OCaml ~プログラミング基礎と実践理解~ OCaml-Nagoya 〔著〕
 入門 OCaml ~プログラミング基礎と実践理解~ 


で、この年末年始で読了したのですが、イマイチ消化不良・・・
基本的なところからアヤシくて、応用になるとまったく理解できません><
とりあえず、もう1冊の解説書を読んでみることにしましょう!

p.s. 洋書ですが、F# の解説書があるようです。

« Firefox 3 の導入 | トップページ | F# だけじゃない! »