Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« Win32 API のお勉強 | トップページ | イベントハンドラのスコープへ »

2009-09-12

SleipnirScript すごいかも

先日の記事 "Sleipnir with WSH" の続きです。

SleipnirScript の CreateObject() API を使うと、
任意のオートメーションオブジェクトが呼び出せるみたいです。
つまり、デスクトップアプリケーション並に何でもできそうです。

たとえば、WshShell オブジェクトを呼び出すと、環境変数の取得や
特殊フォルダ(「マイドキュメント」など)のパスの取得、
さらにはレジストリへのアクセスまでできてしまいます。

(function() { var shell = sleipnir.CreateObject('WScript.Shell'); var env = shell.Environment('System'); var num = env.Item('NUMBER_OF_PROCESSORS'); alert('環境変数(プロセッサ数):' + num); var path = shell.SpecialFolders('MyDocuments'); alert('マイドキュメントのパス:' + path) })();
これを前回紹介した FileSystemObject と組み合わせれば、 たとえばデスクトップにあるすべてのファイルを リストアップして読み取ることも可能になります。 これは試していませんが、もしかすると(もしかしなくても?) 任意の ActiveX オブジェクトを呼び出せるかもしれません。 ちょっとすごいかも。

« Win32 API のお勉強 | トップページ | イベントハンドラのスコープへ »