Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« Apple の戦略 | トップページ | ぐりもんのクロスドメイン JSONP »

2010-04-21

Ruby はじめました

Ruby はじめました。



数年前(5年以上も前)に勉強しようと思ったことがあって、
本は何冊か買ってあったのですが、ずっと積読されていて
たぶんコードは一度も書いたことはなかったハズ。

で、Twitter 向けサービスを新たに作るのに、
せっかくだから Ruby で作ってみようかな、
とか思ったわけです。
# どうも Perl は好きになれないので・・・(とくにオブジェクト指向まわり)


まずは積んであった本を読みました。

この本は改版されてるのですが、家にあったのは初版。 Appendix で「Ruby 1.8 の変更点」とかあるくらい古いですが、 まぁ、基本的なところは変わっていないと信じて読みました。 いや、思っていた以上にいい内容でした。特に1.5章。 他の言語(Perl とか C とか)を知っているひとが まさに陥りそうな罠について指摘してくれています。 たとえば、真偽値の扱い(「0」は真)とか。 この先もしばらくお世話になりそうです。 で、続けて、処理系をインストール。 cygwin の最新パッケージだと ruby-1.8.7 なのですが、 せっかくなので 1.9 系を使ってみたいなぁ、というわけで、 ソースコードからビルドしてみました。 と言っても、Ruby の本家サイトから tarball を落として展開して、
% ./configure --prefix=/opt/ruby-1.9.1 --enable-shared
% make
% make install
であっさり。 make の途中で「Tk が pthread 対応じゃないよ」と言われますが、 たぶん Tk を使うことはないので無視(ぉ あとは ~/.bashrc とかで PATH と LD_LIBRARY_PATH を設定して終わり。 無事に ruby 1.9.1 (p378) が使えるようになりました(たぶん)。 ためしにちょっとした Twitter API クライアントを書いて 練習してみようかと思いますー

« Apple の戦略 | トップページ | ぐりもんのクロスドメイン JSONP »