Introduction

ブログ内検索

  • このサイトの記事を検索 by Google

おすすめの一冊!

無料ブログはココログ

« Linux で日本語メール | トップページ | CSS の content プロパティで Unicode 記号を使う »

2012-07-02

iTunes ライブラリが認識されず

Windows を入れ替えたら iTunes のライブラリが認識されなくなったので、メモ。



先日、PC の起動ディスクを SSD 化するのにあわせて、Windows を 64bit 版にしました。
初めての 64bit 版ということで、いつも使っているソフトウェアが対応していなかったりして、
数週間たってもまだいろいろ足りなかったりします。

まぁ、そのへんの話は、そのうち記事にするつもり。



で、目下のところ一番困っていたのが、iTunes が使えない問題。


Apple の Web サイトで 64bit インストーラをダウンロードできたので
簡単に済むと思ったのですが、iTunes 自体は普通に起動できるものの、
以前のライブラリを認識してくれません。音楽もビデオも空っぽ・・・・
# ちなみに iTunes プログラム自体は 32bit だったりします。
# ファイルも "Program Files (x86)" 配下にインストールされます。



iTunes for Windows では、「編集」メニューの「設定...」の「詳細」タブで
ライブラリのフォルダーを指定できます。うちの PC では外付け HDD (eSATA) に
iTunes ライブラリを置いているので、そのフォルダを指定すれば良いハズ。
これまで何回も Windows の入れ替えをしてきましたが、いつもこれだけで
以前のライブラリがそのまま引き継げました。もちろん iPhone アプリも含めて。

しかし、今回はなぜかライブラリを認識してくれません。困った。

iTunes をインストールし直したり、iTunes 上で「ライブラリを整理」を実行したり
してみましたが、まったく認識されず・・・・


で、今日になって、Google 検索結果の中に気になる記述を発見。
iTunesではオーディオ・ファイルについてのメタデータを2つのファイルで蓄積する。 このiTunesライブラリはMac OS Xの場合オプションキー、Windowsの場合は Shiftキーを押しながら起動する事で、自由に選択できる。
さっそく Shift キーを押しながら iTunes を起動すると、ライブラリの場所を聞いてきました。 外付け HDD 上の iTunes Music と同じフォルダにある iTunes Library.itl を指定すると、 あっさりライブラリを認識してくれました!! もちろん App も認識できていて、数週間ぶりに iPhone を同期できました♪ その後、iTunes を起動しなおしても問題なくライブラリを認識してくれてます。 なんとなく iTunes のバグっぽい気がしないでもないですが、まぁ、OK. Wikipedia の記事を書いてくださった方々に感謝!!

« Linux で日本語メール | トップページ | CSS の content プロパティで Unicode 記号を使う »